パチノート

調べてみた

稼げる?パチスロの打ち子の仕事内容と日当の相場などを徹底リサーチ

パチスロを知らない人だとアングラな仕事というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。結構打っている人でも、パチスロを打つだけで仕事としてお金が貰えるなんて「ありえない!」と思う人多いと思います。

世間一般であまり印象がよろしくないパチスロの打ち子について、徹底的に調査して情報をまとめましたので、打ち子に興味がある方はぜひご覧いただければと思います。

打ち子の仕事内容

名前の通りスロットを打つことが基本の仕事になります。ド新人の場合だと指定された台を取って打つだけですが、ある程度の知識や経験がある方の場合は、それ以外にもやらなければいけない事が多少あります。

指定された台を回す
・自分の台の変更・リセット挙動の確認と報告
・自分の台の設定状況の報告
・優秀な台が空いた場合に即確保または連絡
・島単位での設定状況を把握して報告

打ち子の場合、親(雇い主)・打ち手によって仕事内容が大きく変わってきます。上記+αの内容を完璧に求める親もいれば、ただ指定された台を時間まで打てばOKの親もいます。ですので打ち子をやってみたいと思う方は、必ず契約前に仕事内容を親に確認することをおすすめします。

引き子について

打ち子は有名ですが、実は「引き子」という仕事もこの界隈では存在します。内容はいたってシンプルで、ただ入場抽選を受けるだけです。

なぜ引き子なるものが存在するのかというと、例えばですが、特定のイベント日に特定の台(例えば絆の島単位)がほぼ確実に高設定が見込める店舗が結構あり、要は抽選で早い入場番号を引けばほぼ確実に高設定の台を打つことができるので、そういった場合に引き子を大量に動員して良番をゲットするために引き子を雇います。

打ち子が引き子も兼務することの方がオーソドックスで、引き子単体ではあまり募集量は多くないと思います。

※店によって抽選番号券を譲渡が禁止されている場合があるので、その時に引き子として良番ゲットした場合、指定台を取って数百ゲーム回して、打つのを交換するという形が多いです。

打ち子の日当報酬

日当 : 8,000~12,000円

上記が打ち子の日当報酬の相場になります。なぜ開きがあるのかというと下記が要因になります。

・地域(田舎だと安く都会だと高い)
・打ち手のレベル
・拘束時間
・イベントの有無
・差玉ボーナスの有無

打ち子は正式な雇用契約というものが99%存在しないので、親によって条件に幅がありまくりで、最低報酬2000円の歩合(差玉)報酬だったり、時給制だったりしますので、要確認です。

必須の所持品

・身分証明書
親(雇い主)は、軍資金と出たメダルを打ち子(他人)に託すことになるため、持ち逃げ防止の観点から、殆どの親が顔写真付きの身分証明書の提示を求めてきます。

・車等の交通手段
殆どの場合、優良店のイベントなどいわゆる強い日を狙って打ち子を雇います。ですので店舗が多岐にわたることが多く、田舎だと車が必須となってきますし、都会でも自転車や電車を利用できることが必須となります。

・携帯電話(スマートフォン)
軍団(グループ打ち)が禁止の店舗であったりする場合、口頭で指示や連絡をすると、最悪の場合出禁になったりそうならなくても退店させられる場合があります。またリーダー(指示役)が他店で稼働している場合も多くあり、LINE等が可能なスマートフォンでの連絡が必須となってきます。

絶対に受けてはいけないサクラ

スロットのサクラというのは、客側に雇われるただの打ち子とは違い、店側に雇われる打ち子をサクラと言います。

サクラというのは遠隔と同じで都市伝説ではないかと思う人もいますが、サクラ行為を行っている店はありましたし、今現在でもあると断言します。

なぜサクラ行為が実際にあると断言できるのかというと、毎年実際に逮捕され有罪判決を受けている方が多くいるからです。

なぜサクラ行為が法に触れるかというと、サクラを行う店側の人間が基本的には店(会社)に雇われている立場ですので、店の利益を欺いて自分に還元していることになるので、業務上横領や窃盗などで逮捕されます。

サクラを雇うのがオーナーだった場合どうなるのかは疑問ですが。

ですので、サクラ行為が募集されていたり勧誘されたりする場合は大抵は詐欺か、本当の場合でも犯罪に加担することになるので、絶対にやめましょう。


 Scroll Up