パチノート

調べてみた

こんなことで!?パチンコ店で出禁になってしまう行動11選

出禁?

出禁と聞くと相当悪いことしたんじゃないかと思いがちですが、パチンコ屋は店舗によって独自のルールを敷いてることが多く、「これぐらいで?」と思うようなことでも一発出禁にしたりする店も存在します。

私が実際に見聞きしたパチンコ屋を出禁になった行動をまとめましたのでぜひご覧ください。

※ゴト行為や器物破損等の犯罪行為は当然出禁になるので除外とさせていただきます。

小役カウンターの使用

小役カウンターの使用をついては、推奨していたり景品としてカチカチくんを置いている店なども多くありますが、使用を固く禁止している店もごく一部ではあるものの存在します。理由は多々ありますが「プロと疑われる行為」が一番の理由だと思われます。

出禁になるかも度 : ★☆☆☆☆

動画を見ながら遊技

動画の視聴などスマホを常に見ながら遊技した場合、不正の疑いやプロ行為(仲間とのデータ共有)などといった難癖をつけて出禁する店があります。

出禁になるかも度 : ★☆☆☆☆

無許可撮影

写真の場合遊技画面ぐらいだと大概の店が問題にすることはないです。しかし動画の撮影の場合、店側に許可を得ずに撮影すると注意を受けることが多い。

出禁になるかも度 : ★★☆☆☆

朝一台のカニ歩き

ガックンチェックやリセット恩恵台の数ゲーム回しなどを複数台繰り返し行うと出禁にされる可能性があります。これは店側も他の客にとっても迷惑な行為なので厳しく取り締まる店も多い。

出禁になるかも度 : ★★☆☆☆

掛け持ち遊技

店側も監視カメラや目視でのチェックを行っているので何度もやると必ず注意を受けます。他の客にとっても不快で迷惑な行為なので他客からのクレーム経由で注意や出禁も。

出禁になるかも度 : ★★★☆☆

酒酔いでの遊技

漏れなく全店舗で禁止事項に入っています。「飲酒または飲酒が疑われる人に遊技をさせない」というような文言が各都道府県の条例に記載されており、飲酒が疑われた時点で強制退店され、繰り返し行った場合は出禁になる可能性が非常に高い。

出禁になるかも度 : ★★★★☆



ハイエナ行為

他の客が遊戯している後ろで張り付いたり、遊技もしないのに延々とホール内を歩き回るといった、目に余るハイエナ行為をした場合。

近年、解析情報が無料で簡単にその場で見ることができる環境によって、ハイエナをする遊技客が急増しており、その影響でハイエナ行為を禁止とする店が増えています。

出禁になるかも度 : ★★★★☆

パチンコの技術介入

「止め打ち」や「捻り打ち」などにより出玉を意図的に増やす行為については多くの店で禁止となっており、またホールコンピューターなどで察知することが容易に可能。

異常なまでに厳しい店だと、通常時の保3止めや右打ち中のリーチ演出等で打ち出しを止めただけでも、一発出禁を言い渡されたという話も。
出禁になるかも度 : ★★★★☆

グループ打ち

これはいわゆる「軍団」対策として禁止している店が多いです。一般カードでの出玉の共有やひとつ台を複数人で代わる代わる打ったりした場合など。

グループの人数が多ければ多いほど一般客と比べると遊技で有利なることが多く、そのため放置してしまうと店にとっても不利益を被る訳で、あからさまにグループ打ちをしていた場合は出禁を含む何かしらの対応をする店がほとんど。

出禁になるかも度 : ★★★★☆

ナンパ行為

女性店員へのナンパ行為は「成功」したら当然問題ないのですが、ナンパに失敗した場合上司などに相談などされてしまうと、次回来店時に注意されること多いです。一発出禁という話もチラホラ聞くので、ナンパするときはもうこの店には来れない覚悟で挑戦しよう!

出禁になるかも度 : ★★★★☆

会員カードの共有

ほぼ全ての店舗で禁止事項となっており厳しく取り締まる店も多い。家族間であっても出禁になる可能性がある行為なので気を付けよう!

出禁になるかも度 : ★★★★★